カルシウム

カルシウムは近年の食事では不足しやすいミネラル

カルシウム

 

近年の食事では不足しやすいミネラル。骨の為に積極的に摂ろう。

 

1日の摂取基準量 成人男性650mg/成人女性600mg/上限2300mg
参考食品 干しエビ(10g) 710mg

 

カルシウムは体内で貯蔵カルシウムと機能カルシウムに分かれる。
99%が貯蔵カルシウムとして骨や歯に留まり、残りの1%が機能カルシウムとして血液中に溶け込んでいる。
機能カルシウムは筋肉を動かす時に使われるほか、血液凝固や精神安定の為に働く。

 

そして、機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて血液中のカルシウム濃度が一定に保たれる。
だから、カルシウム不足が続くと、骨のカルシウムが減り、骨軟化症や骨粗鬆症を引き起こしてしまう。

 

カルシウムは腸で吸収されるが、100%吸収されるわけではない。
食品によって吸収率は変わる。
牛乳で50%、小魚で30%、緑黄色野菜で20%だ。

 

近年の食事はカルシウム不足の傾向にある。
積極的に摂ろう。

 

 

ビタミンミネラル事典