血液中にあるヘム鉄が全身に酸素を運んでくれる

 

血液中にあるヘム鉄が全身に酸素を運んでくれる。

 

1日の摂取基準量 成人男性7.5mg/成人女性10.5mg/上限40〜55mg
参考食品 大豆(50g) 4.7mg

 

鉄は体内に一番多くある金属元素。
成人で約4gの重量。

 

鉄もカルシウムと同じように機能鉄と貯蔵鉄に分けられる。
約60%が機能鉄で、赤血球のヘモグロビンにヘム鉄として取り込まれ、全身に酸素を運んでいる。
鉄不足になると、全身に酸素が行き渡りにくくなるのでめまい、貧血、食欲不振などの状態に陥ってしまう。

 

鉄あ体内で再利用できるので、排泄される量はきわめて微量。
約1mgといったところ。
女性は月々の生理で出血するので少し排泄量は多くなる。

 

鉄の吸収性は悪く、8%といったところ。
腸内にはフェリチンという貯蔵鉄があり、これが鉄の吸収を調整している為、必要以上に吸収されることもない。
ただし、過剰摂取すると肝臓に障害が生じるので十分注意してほしい。

 

 

ビタミンミネラル事典