カリウム

カリウムはナトリウムを排泄させ、細胞の浸透圧を調節する

カリウム

 

ナトリウムを排泄させ、細胞の浸透圧を調節する。

 

1日の摂取基準量 成人男性2000mg/成人女性1600mg/上限-
参考食品 サツマイモ(100g) 470mg

 

体液の主要成分であるカリウムとナトリウム。
カリウムは細胞外で、ナトリウムは細胞内で、それぞれ一定の濃度を保つことで細胞の浸透圧を維持している。
カリウムの働きはナトリウムの量の調節。
細胞内のナトリウム濃度が上がると、水分と共に細胞の外へと出す。
そして、腎臓で再吸収されるのを防ぎ、尿として排泄されるのだ。

 

また、細胞内の酵素反応を調節する役割を持ち、筋肉でのエネルギー作りにも貢献している。
カリウムが不足すると体内のナトリウム量が増え、結果として高血圧を引き起こしてしまう。

 

さらに、筋肉でのエネルギー供給が破綻し、筋力が低下したり、けいれんを起こしたりもする。
カリウムは汗と共に体外へ出てしまうので、特に夏場に運動をするときは要注意だ。

 

 

ビタミンミネラル事典