ビタミンE

ビタミンEは強力な抗酸化作用で、過酸化脂質ができるのを防ぐ

ビタミンE

 

強力な抗酸化作用で、過酸化脂質ができるのを防ぐ。

 

水溶性or脂溶性 脂溶性
1日の摂取基準量 成人男性8〜9mg/成人女性8mg/上限600〜800mg(α-トコフェロール当量)
参考食品 ウナギの蒲焼き(100g) 4.9mg

 

抹消血管を広げて血行を促進させ、同時に自律神経を整えてくれるのがビタミンE。
血行がよくなるので冷え性や肩こり、腰痛を改善できる。

 

また、生理痛や生理不順にも有効で、女性にはありがたい栄養素といえよう。
さらに、抗酸化物質としても実に強力。
フリーラジカルによって過酸化脂質ができるのを防いでくれるし、コレステロールが参加しないように働いてもくれる。
生活習慣病の予防にも一役かってくれるわけだ。

 

ビタミンEは不足すると過酸化物質ができやすくなり、細胞の老化が進み、生活習慣病のリスクが増える。
摂りすぎても心配が少ないビタミン。
生活習慣病が気になる人は基準量よりかなり多めの100〜300mgほどを摂取してもよい。
ただし、600mg以上摂るとカラダに悪影響が出る恐れもある。

 

 

ビタミンミネラル事典