ビタミンK

ビタミンKは骨を丈夫にして血液凝固作用をしっかりコントロールする

ビタミンK

 

骨を丈夫にして血液凝固作用をしっかりコントロールする。

 

水溶性or脂溶性 脂溶性
1日の摂取基準量 成人男性75μg/成人女性60〜65μg/上限-
参考食品 納豆(50g) 300μg

 

ケガをして出血する。
その時、血が止まるのは血液に凝固作用があるから。
そして、その凝固作用の時に働く凝固因子の一つがビタミンKなのだ。

 

ただし、ビタミンKは凝固を促進させるだけでなく、それを抑制させる機能も持っている。
つまり、凝固をコントロールするビタミンなのである。

 

また、骨からカルシウムが流失するのを防ぐ。
ビタミンKが不足するとカルシウムが骨に沈着しにくくなり、骨がもろくなる。
骨粗鬆症に有効なビタミンなのだ。

 

ビタミンKは緑黄色野菜などから摂取できるK1と、腸内で細菌によって作られるK2がある。
その為、一般の食生活を続けている限りは、欠乏する心配はない。
ただし、抗生物質を使用した時は腸内細菌の働きが悪くなるので不足する場合もある。

 

 

ビタミンミネラル事典