亜鉛

亜鉛は新陳代謝を促し、生殖機能にも関与する

亜鉛

 

新陳代謝を促し、生殖機能にも関与する。

 

1日の摂取基準量 成人男性9mg/成人女性7mg/上限30mg
参考食品 牡蠣(60g) 7.9mg

 

鉄に次いで体内に多く蓄えられているのが、この亜鉛だ。
全身に分布していて、合計で2〜4gほどの重量になる。
亜鉛の働きは実に多彩だ。

 

まず、細胞の新生を活発にする。
新陳代謝を促進させるのだ。
次に、骨や皮膚の発育を促し、免疫力を高めてくれる。
そして、生殖機能とも関連が深い。
女性ホルモンの分泌を活性化させたり、男性であれば精子の生成に欠かせない金属元素なのである。

 

また、舌にある味を感じる未蕾という細胞の形成にも亜鉛は深くかかわっている。
偏食や加工食品ばかりの食事を摂っていると、亜鉛不足になる。
その結果、貧血や味覚障害、皮膚炎などが引き起こされる。

 

また、成長期の子供は成長障害になる場合も。
ただし、一度に大量摂取(2g以上)すると中毒になる恐れもある。

 

 

ビタミンミネラル事典